本文へスキップ

福岡市博多の整体|睡眠時の歯ぎしりの原因やタイプ、対処方法について

電話番号

福岡市博多区博多駅東2-4-6博多グローリービル3階
[受付時間] 9:00〜20:00 [定休日] 火曜・祝日

歯ぎしりについて

  1. 福岡市博多の整体院TOP
  2. こんな症状の方に
  3. アゴの痛みTOP
  4. 歯ぎしりについて

顎関節症顎関節痛の改善例顎関節症の施術方法顎関節症の病院での治療方法顎関節症の原因顎関節症のタイプ顎関節の構造顎関節症の予防方法顎の音について歯ぎしりについて顎関節症Q&A顎関節症の参考書籍

睡眠時の歯ぎしりについて

 歯ぎしりは、専門用語で睡眠時ブラキシズムと言います。
 「キリキリ」「ギシギシ」「ゴリゴリ」という大きな摩擦音で、同じ部屋で眠る人の安眠を妨げるだけでなく、下記のような問題を起こす傾向にあります。

・顎関節症の発症
・摩擦による歯の変形
・知覚過敏
・歯が折れる
・銀歯などの被せ物の破損
・歯がグラグラする
・顎に関わる筋肉の異常発達し、エラが張る


 このような問題が起きる原因としては、睡眠中は噛み方や噛む力をコントロールできないため、食事中よりも強い力を発揮し、強い負荷を与え続けてしまうことにあります。
 歯ぎしりは「病気」ではありませんが、上記のような問題を引き起こす可能性があるため、決して軽視してはいけません。

歯ぎしりの原因

 歯ぎしりはストレスによって起きるとよく言われますが、はっきりとした原因は解明されていません。
 しかし、眠りが浅いときに歯ぎしりをしやすいということは明らかになっており、グッスリ眠れると歯ぎしりをしにくくなるとされています。

深い睡眠を取るためには、

・寝酒をやめる
・逆流性食道炎を治す
・いびき、睡眠時無呼吸症候群を治す
・タバコを止める
・なるべくストレスを減らす
・疲れを溜めない


ことが重要です。

歯ぎしりのタイプ

 歯ぎしりには様々な種類があり、下記の3タイプの歯ぎしりを単独で発生させるケースと、複合的に起こる場合があります。

歯科での歯ぎしりへの対処

スプリント療法
 いわゆるマウスピースのようなものを寝る時に歯に装着する治療法です。
 装着することで歯ぎしりが減ることはありませんが、歯ぎしりによって歯がすり減ることがなくなりますし、音も軽減されますので、ひどい方は歯医者で作ってもらいましょう。
 料金は歯医者によって違いますが、高価なものではありませんので、通っている歯医者で聞いてみてください。


当院で施術を受ける7つのメリットはこちらをご覧ください。

博多の整体ならブルームカイロプラクティック

各症状と施術例について詳しくはこちら
はじめての方へ
LINE予約

福岡市博多の整体院
ブルームカイロプラクティック

〒812-0013
福岡市博多区博多駅東2-4-6
博多グローリービル3階

[受付時間] 9:00〜20:00
[定休日] 火曜・祝日
TEL.092-409-5655

博多の整体 ブルームカイロプラクティックへのアクセス