本文へスキップ

福岡市 博多駅前 整体院|顎関節症による痛みの改善で評判のWHO国際基準のカイロプラクティック治療院です。

予約TEL.092-409-5655

[受付時間] 9:00~14:00 / 15:00~20:00
[定休日] 火曜・祝日

〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-4-6博多グローリービル3F

福岡市博多駅前の整体院 TOPカイロプラクティックの適応症顎関節症TOP > 顎関節症・アゴの痛みの原因

顎関節症・アゴの痛みの原因

当院では、顎関節症の痛みの原因を見極め、根本から改善します。

福岡市 博多 顎関節症福岡市 博多 顎関節症福岡市 博多 顎関節症福岡市 博多 顎関節症
福岡市 博多 顎関節症福岡市 博多 顎関節症福岡市 博多 顎関節症顎関節症 福岡 博多

顎関節症の原因とは

博多 顎関節症 顎関節症の原因は、まだ完全には解明されてはいません。現在有力と考えられているのは、かみ合わせの問題歯ぎしり精神的ストレス悪習癖(あくしゅうへき)などによって過度な負担が顎の関節や筋肉にかかると、それらが重なり合って発症すると考えられています。

 顎関節症の患者はここ十数年で15倍にも増加したとも言われ、年齢では10代半ばから増え始め、20〜30代がピークで、女性は男性の2〜3倍なる確率が高いそうです。なぜ女性が多いのかは医学的には分かっていませんが、女性の方が筋肉の緊張やストレスに対して感受性が高く痛みにも敏感、男性よりも骨格や靱帯が弱い、女性ホルモンに関係がある、などの諸説があります。

 近年、顎関節症の患者様が増えている理由としては、食生活の変化に伴いアゴの発育が悪い人が多くなったことが考えられます。

 歯ぎしりや食いしばりなどの悪習癖は、顎の関節や筋肉に常に力が加わっているため負担が大きくなります。夜間の歯ぎしりだけでなく、日中でも何かに集中している時や肉体労働をしている時など、食いしばっていないか意識してみましょう。顎の負担を軽減するには、顎もリラックスして日常は上下の歯が当たらないようにすることが重要です。

 また、精神的ストレスも食いしばりなどを増強させることがあります。生活環境や社会環境からくるストレスはなかなか変えることは難しいですが、日常のストレスとなっている要因をできるだけ取り除いていくようにしましょう。

 その他、身体のどこかに痛みがあると歯を食いしばる傾向があるので、どこかに不調や痛みがある場合はカイロプラクティックを受けて、体調を良くしましょう。

-具体的には下記のような原因が考えられます-

●歯ぎしり、食いしばり、歯をカチカチと鳴らすクセがあり、顎に負荷をかけている
●歯並びが悪い、歯の不適切な治療や抜歯後の放置などによりかみ合わせが悪くなっている
●すぐに頬杖をつく、姿勢が猫背、うつぶせ寝のくせがあり、顎や首の筋肉に負担をかけている
●いつも同じ方向を向いて横向きに寝る
●横向きでテレビを見たり、同じ足を組んで座ることが多い
●スポーツや事故などで顎や首に外傷を受けたことがある
●精神的なストレスがあり、食いしばりや夜間の歯ぎしりをしている
●むし歯や歯周病などが原因で、左右どちらか一方の顎に負担をかけている
●鼻炎などのために口で呼吸していることが多い
●楽器の演奏などであごを酷使している
●カラオケで大きく口を開けて歌う

歯ぎしりについて

 歯ぎしりには様々な種類があり、下記の3タイプの歯ぎしりを単独で発生させるケースと、複合的に起こる場合も多いようです。
 歯ぎしりは、ストレスを解消するために行われていると考えられています。そのため、歯ぎしりの最大の原因は精神的ストレスだという説が現在最も有力です。

1. 上下の歯をすり合わせる(グラインディング)
 一般的にイメージされる歯ぎしりで、睡眠中に歯を左右こすり合わせて「キリキリ」という音を鳴らします。
 歯の磨耗を起こしやすいのが特徴で、歯ぎしりをしている年月が長いほど、歯の噛み合わせの面がすり減ったり、歯のつけ根が削れる、知覚過敏になりやすいと言われています。


2. 上下の歯を強く噛み締める(クレンチング)
 上下の歯に力を入れてぎゅっと強く噛みしめた状態で睡眠しています。このタイプも歯ぎしりの中ではよく見かけるものです。顎に大きな力が入っていますが、音はほとんど立てないので、周囲の人には気付かれにくく、本人も自覚がないことが多いようです。
 目覚めた時、口の周囲にこわばりがあったり、歯の痛みや歯が欠けたり、割れてしまう場合もあるようです。


3. 小刻みに歯を鳴らす(タッピング)
 上下の歯をぶつけ合うタイプの歯ぎしりで「カチカチ」「カンカン」という音を立てるのがクセになっているタイプです。 「グラインディング」や「クレンチング」と比べると発生率は低いといわれています。

 ストレス社会で暮らす現代人が多少なりとも歯ぎしりをしていても不思議ではありませんが、いずれにしても歯ぎしりは歯や体の健康にとってよいものではありません。まずは原因を知り、予防・対策を心がけましょう。


歯ぎしりをしやすい人はこんな人

・全身的に疲れている
・責任感が強く、いつも頑張りすぎてしまう
・ストレスをため込みやすい
・多忙で時間に追われており、睡眠時間が少ない


歯ぎしりのセルフチェック法

 歯ぎしりは就寝時に無意識にしてしまうものなので、自覚するのは難しいのですが、下記の項目に思い当たることがあれば、歯ぎしりをしている可能性は高いでしょう。

・朝起きた時に口の周囲がこわばっていたり、顎が疲れている
・朝起きてすぐに肩こり・頭痛を感じる
・歯にヒビがあったり、欠けている歯がある
・上下の歯が噛みあうところに、すり減りがある
・口を普通に閉じた状態で、口の中で上下の歯がくっついている
・集中しているとき(車の運転、パソコン作業など)に無意識に噛みしめている


歯ぎしりはカイロプラクティック治るの?

 歯科学的には歯ぎしりを治すことは不可能とされている場合が多く、マウスピースを処方されることがほとんどだと思います。実際にマウスピースをすることで音は軽減しますし、なにより歯が削れるリスクが確実に減りますので、歯ぎしりをしている場合はマウスピースが非常に効果的だと考えられます。
 当院の場合、身体の痛みやストレスなど原因がはっきりとしていれば改善するケースもありますが、原因不明の歯ぎしりについてはカイロプラクティック治療でも改善しないことが多いです。
 少なくとも試してみる価値はあるとは思いますが、痛みとは違い、原因が分からないので「改善する」とお約束できる症状ではないことをご理解下さい。

顎関節症と肩こり

顎関節症 肩こり 「肩こりがあるから顎関節になる」とは必ずしも言えませんが、「顎関節症があるから肩こりになる」ことはとても多く、肩こりが原因で起こる緊張性頭痛が併発することも少なくありません。
 右図のように顎関節と頚椎はお互いに影響し合っていますので、顎関節にズレやアンバランスがあると、左右の咀しゃく筋のどれかが絶えず緊張して、顎に関わる筋肉のバランスが悪くなります。
 すると頭がどちらかに傾きますので、頭を支えている首や肩の筋肉はそれを正そうと異常に緊張し、肩こりになります。
 この場合、顎関節症を改善することで、かなりの確率で肩こりやそれに伴う頭痛も改善します。
 もちろん、先天的に顎関節の形に異常がある場合や、顎関節に大きな外傷を負った場合は関節自体を治す必要があります。
 しかし、もともと正常な顎関節の人に症状が出た場合は、顎の筋肉や関節のズレが原因である場合がほとんどです。
 顎関節に痛みではなく違和感がある場合も、顎関節の異常による肩こりが起きていることも多いですので、そのような方はブルームカイロプラクティックにご相談ください。

顎関節症とその他の症状の関連

顎関節症とめまい
顎関節が悪いと頭のバランスが取りずらくなるため、めまいが起きやすくなります。
また、顎関節のズレは全身の柔軟性や平衡感覚とも関連があります。

顎関節症と不眠
顎関節症による痛みで睡眠が妨げられることはもちろん、顎関節が悪いことで食いしばりや歯ぎしりをしていると、睡眠の質が悪くなるため、熟睡できなくなってしまいます。

顎関節症と顔のしびれ
顎の動きに関わる筋肉が異常に緊張し、コリができると、顔面にしびれが出ることがあります。
これは関連痛といい、筋肉の状態を良くすることで症状が改善しますので、カイロプラクティック治療が非常に有効です。

顎関節症と食欲不振
顎関節症になり、口の開閉で痛みが出ている場合、食べることが億劫になります。
口を開ける度、咬む度に痛むからです。
また、強い痛みにより、食べられる物も限られてくるので栄養失調にもなりかねません。


当院で治療を受ける7つのメリットはこちらをご覧ください。