本文へスキップ

福岡市 博多駅前 マタニティ整体|産後の腰痛を改善して快適な育児生活を送りましょう。

予約TEL.092-409-5655

[受付時間] 9:00~14:00 / 15:00~20:00
[定休日] 火曜・祝日

〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-4-6博多グローリービル3F

トップページ産前産後TOP > 産後の腰痛でお困りの方へ

産前産後 福岡市 博多 マタニティ整体マタニティ 福岡市 博多 マタニティ整体妊娠中の関節痛 福岡市 博多 マタニティ整体安産 福岡市 博多 マタニティ整体
産後のカイロケア 福岡市 博多 マタニティ整体産後の症状 福岡市 博多 マタニティ整体産後の骨盤矯正 福岡市 博多 マタニティ整体産後ケアの大切さ 福岡市 博多 マタニティ整体
口コミ 福岡市 博多 マタニティ整体選ばれている理由 福岡市 博多 マタニティ整体福岡市 博多 産前産後の治療院の選び方子供連れ 福岡市 博多 マタニティ整体

産後の腰痛でお困りの方へ

腰痛なしの育児生活を送ることは、産後の骨盤の回復にも大切です。

産後に腰痛になるメカニズム

産後 腰痛 妊娠中はお腹が大きくなるにつれて腹筋の筋力が落ち、腰を反らせたような姿勢になり腰の関節が圧迫されて痛みや違和感を起こしやすくなります。そして、妊娠をすると「リラキシン」という女性ホルモンの働きで、出産に向けて骨盤の関節が緩くなり、広がっていきます。
 産後は妊娠中の変化を元に戻していく大切な時期なのですが、現代人は昔に比べ筋力が落ちている方が多く、産後の回復が順調に進まないばかりか、育児のカラダへの負担により妊娠中よりも腰痛が悪化したり、産後から腰痛になってしまう方が増えています。
 腰痛があるとその周囲の筋肉が硬く緊張し、骨盤のズレを引き起こし、骨盤周囲や腰部、股関節に関わる関節が不安定になるので、ほうっておいても自然に治ることは少ないです。
 さらに、腰痛があると動くことが億劫になるので、産後の体力や筋力の回復が遅れて、腰痛が慢性化する危険性もあります。骨盤にズレがあると腹筋の筋力の回復が妨げられるので、体重の戻りが悪かったり、お腹の出っ張りが残ってしまうことも多いです。

ブルームカイロプラクティックでは

 腰痛がある状態で赤ちゃんを抱っこ授乳をすることは大きな負担となりますが、それらを避けることは難しく、腰痛を我慢しながら育児をすることがほとんどです。当院は、そんな産後の腰痛でお悩みのママたちのためにお子様連れでも通いやすい環境作りをしています。
 施術としては、骨盤や背骨、股関節や膝関節など全身のバランスの調整を行ない、腰に負担のかかりにくいように整え、正しい腹筋のトレーニングなどを指導して妊娠前よりもバランスの良いカラダ作りをしていきます。そして、腰痛になりにくい抱っこや抱っこ紐の付け方などの日常生活のアドバイスを行ない、再発防止と健康増進を進めていきます。

産後の腰痛の改善例

産後4ヶ月 職業:公務員(育休中)

問診
妊娠中から腰痛になり、産後4ヶ月経ったが治らない。
妊娠中に12キロ増えて、今もまだ5キロ戻っていない。
寝ていて体を起こす動作や、長時間の抱っこで腰痛が悪化する傾向にある。
また、中腰が続いたり、あぐらをかいて座っていると腰が痛くなってくる。

検査
腰を反らすと腰痛が出る
腰・骨盤の筋肉の緊張が強くなっている

原因
今回の症状は、産後によく見られる慢性的な腰痛です。
妊娠に伴う体重増加産後の骨盤のズレなどによって、腰の筋肉が緊張し腰痛が出てきます。
また、産前産後は骨盤周囲の靭帯が緩くなり、関節が不安定になっていることも原因のひとつです。

経過
施術としては、骨盤のズレの矯正筋肉の緊張の緩和を行い、腰を反らした時の痛みは出なくなりました。そして、骨盤がまだ不安定なので、骨盤ベルトを付けて生活するようアドバイスを行いました。
3回目の施術が終わった段階で日常生活で腰痛は感じなくなり、その後はメンテナンス目的で通っていただきました。
運動や栄養のアドバイスも行ない、来院してから3ヶ月で体重も元に戻りました。

コメント
産後は骨盤が不安定になっているにも関わらず、育児による負担により腰痛になる方がとても多いですが、カイロプラクティックを受けることで改善する場合がほとんどです。
我慢できる範囲の腰痛でも、早めに治しておかないとクセになってしまい、治りが悪くなってしまいますので痛みがある場合は、早めにご相談ください。

産後のギックリ腰の改善例

産後3ヶ月 職業:デスクワーク(育休中)

問診
3日前の夜に子供を抱き上げる時に右腰にズキっとした痛みが走り、動けなくなった。
しばらくして少し動けるようになったが、次の日に洗濯物を干そうとしたときにまた強い痛みが出た。
妊娠前から仕事で長時間座っていると腰が痛くなることがあったが、産休に入ってからはあまり痛みを感じることはなくなっていた。出産してからは、抱っこが多い日は以前と同じような痛みを感じることがあったものの我慢できる範囲だった。
昨日は安静にしていたが痛みが軽減せず、今もまともに歩けない。
身体をひねる動きと上半身を起こす動きで激痛が出る。

検査
立位の姿勢が右足重心になっている
上半身を曲げる動き、腰を反らす動きで激痛が出る
右にひねる動きで痛みが出る
右腰部起立筋の緊張が強い

原因
今回のギックリ腰は、腰の筋肉の筋挫傷による痛みで、根本的には産後の骨盤のゆがみは影響していました。以前から腰の痛みを感じていたとのことなので、もともと骨盤のゆがみのせいで右腰の筋肉ばかり使うクセがあり、抱っこなどで腰回りの筋疲労がピークに達したと考えられます。
今回の腰痛は、そういった日頃の疲労が積もり積もった状態で、子供を持ち上げようとした瞬間に、腰の筋肉を痛めてしまったことが原因です。

施術
ゆがみを起こしている骨盤を矯正し、痛みの原因となった右側の腰部の筋肉の緊張を緩めて、硬くなった股関節周囲の筋肉をストレッチしました。その結果、痛みが半分ほどに軽減し、計4回の施術で痛みが完全なくなりました。

コメント
急性腰痛(ぎっくり腰)は、何の前触れもなくいきなり起こったと思いがちですが、この患者さんのように日頃の悪い姿勢や習慣が影響していることがほとんどです。
悪化してからではなく、日頃のケアがとても大切です。

当院が産前産後のママに選ばれている理由はこちらをご覧ください。