本文へスキップ

福岡市 博多駅前 マタニティ整体|妊娠中・産後の膝痛・足首の痛みを改善して快適な妊娠生活を送りましょう。

予約TEL.092-409-5655

[受付時間] 9:00~14:00 / 15:00~20:00
[定休日] 火曜・祝日

〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-4-6博多グローリービル3F

トップページ産前産後TOP > 妊娠中・産後の膝痛・足首の痛みでお困りの方へ

産前産後 福岡市 博多 マタニティ整体マタニティ 福岡市 博多 マタニティ整体妊娠中の関節痛 福岡市 博多 マタニティ整体安産 福岡市 博多 マタニティ整体
産後のカイロケア 福岡市 博多 マタニティ整体産後の症状 福岡市 博多 マタニティ整体産後の骨盤矯正 福岡市 博多 マタニティ整体産後ケアの大切さ 福岡市 博多 マタニティ整体
口コミ 福岡市 博多 マタニティ整体選ばれている理由 福岡市 博多 マタニティ整体福岡市 博多 産前産後の治療院の選び方子供連れ 福岡市 博多 マタニティ整体

妊娠中・産後の膝痛・足首の痛みでお困りの方へ

産前産後は膝や足首の負担が増え、痛みが出ることがあります。

妊娠中・産後の膝痛・足首の痛みの特徴

ズキッと痛んだり、ジワーッと痛んだりする
階段の上り・下りがつらい
・立ち上がる時、しゃがむ時に痛みが出る
・歩いていると、徐々に痛みが出てくる
・あぐら、正座の姿勢で痛みが出る
片足に重心を乗せると痛みが出る

妊娠中に膝や足首が痛くなる理由

産後 膝痛 妊娠中は急激に体重が増えるので、膝や足首を動かす筋肉への負担が増え、重くなった体重を支える膝前面の筋肉や膝裏の筋肉が過度な緊張を起こし、疲労感や痛みとして現れてきます。
 また、妊娠後期になるとガニ股で歩くようになり、歩き方が変わるので関節への負担が増えて、立つ瞬間や座る瞬間に関節痛が出ることもあります。
 膝や足首の痛みがあると歩くことや動くことが億劫になり、さらに体重が増えることで、筋肉や関節への負荷が増えてしまうという悪循環になることもあるので、早めに施術を受けて痛みを改善し、妊娠中でも快適に動けるカラダ作りをしましょう。

産後に膝や足首が痛くなる理由

博多 妊娠 膝痛 産後はお子さんを抱えたり、オムツ交換をしたりするため、膝の曲げ伸ばしをする頻度が増え、膝や足首に負担がかかります。赤ちゃんは日を追うごとに重くなるため、毎日ダンベルを持ってスクワットしているようなものです。
 妊娠中に足の筋力が落ちて関節への負荷も増えますし、骨盤のズレが起きていると膝や足首の筋肉が異常に緊張してしまうこともあります。
 膝や足首の関節はとても敏感にできており、膝や足首の問題が原因でめまいふらつきを起こしたり、膝や足首の痛みをかばって腰痛や股関節痛になることもあるので早めに来院しましょう。

ブルームカイロプラクティックでは

 当院では解剖学的・生体力学的な視点から膝や足首の痛みを捉え、施術していきます。膝、足首には関節、筋肉、半月板、靭帯など痛みを起こす組織がたくさんあるので、どこを痛めているのか、なぜ痛みが起こっているのかを確認しながら施術していくことが大切です。
 そして、痛みが出ている場所だけではなく、骨盤や背骨のズレ、股関節の動きの悪さなど全体の骨格・筋肉のバランスを整えることで膝や足首への負担を軽減し、症状を早期に改善していきます。

妊娠中の膝痛の改善例

妊娠7ヶ月 職業:営業

問診
ここ2ヶ月で急に体重が増えたこともあり、膝に痛みが出てきた。
右足に体重を乗せると痛みが増し、しゃがんで立ち上がる動作で右膝が痛い。
また、自分で右膝を触ると膝のお皿あたりが痛い。
右膝が痛いので歩き方が変になっている。

検査
膝の曲げ伸ばしで右膝に痛み
右四頭筋の緊張
右の骨盤に圧痛

原因
妊娠によりホルモンの影響で骨盤の関節が不安定になっていることもあり、骨盤左右のバランスが崩れていました。さらに体重が一気に増加したことで膝への負荷が増えたのでしょう。
右の四頭筋の緊張が強いのは屈伸で使う筋肉であり、膝のお皿に痛みがあるのは四頭筋という太もも前面にある筋肉が付着する部分だからです。

施術
右の骨盤を矯正して、右の四頭筋を緩めて四頭筋を含めた股関節周囲筋のストレッチを行いました。初回の施術後、膝の痛みは8割軽減し問題なく歩けるようになりましたが、膝の曲げ伸ばしの痛みは半分くらい残りました。
その後、週1回計4回の施術を行い、膝の曲げ伸ばしの痛みも完全になくなりました。

コメント
出産までに個人差はありますが7〜10キロ近い体重の増加がみられます。体重が急激に増えると膝の負担が増加します。しっかりと筋肉があれば膝への負担はカバーできますが、妊娠中は骨盤の関節が緩むので骨盤周囲のバランスが崩れて負荷が増えてしまう場合があります。
産後はさらに赤ちゃんの抱っこが待っているので悪化しないためにも早目にケアしてあげましょう。

産後の膝痛・足首の痛みの改善例

産後6ヶ月 職業:主婦

問診
子供が6ヶ月になり人見知りを始めて、他の人に抱っこしてもらえなくなったこともあり、両膝裏(特に右)に痛みが出てきた。
立ったり、座ったりする動作で悪化し、授乳のときあぐらをかくと膝だけでなく、足首にも痛みが出る。
産後2〜3か月で体重が戻ったので骨盤ベルトは付けなかった。

検査
膝裏の筋肉の緊張が強い(特に右)
膝の屈伸で痛みが出る
骨盤ベルトを付けると楽になる
足首の筋肉の緊張が強くなっている

原因
痛みの原因は、膝の裏にある膝窩筋(しつかきん)という筋肉でした。この筋肉は屈伸をする時に使うので、屈伸の動作で膝裏に痛みが出ます。
また、産後6か月経過し体重は戻っていましたが、骨盤はまだ不安定な状態でした。骨盤ベルトで骨盤を安定させると痛みが減るのはそのためです。産後に骨盤ベルトを使用していなかったのも膝への負担が増えた要因だと考えられます。
足首の痛みは膝から足首に行く筋肉の緊張が増してことが原因です。あぐらをかくと足首の筋肉が伸ばされるので、その筋肉の緊張が強くなっていると足首に痛みが出てきます。

施術
痛みの原因となった膝窩筋の緊張を緩和し、バランスの崩れた骨盤をズレを整えて骨盤ベルトを付けて骨盤を安定させました。施術後、屈伸での痛みはなくなり、足首の痛みもなくなりましたが、骨盤のズレが強く再発の可能性があったため計4回の施術を行いました。現在は、膝ではなく肩こりに対する治療で通院中。

コメント
産後は骨盤が安定するまで約半年がかかると言われています。なるべく早い時期から骨盤ベルトで安定させてあげるとよいでしょう。
なお、骨盤のゆがみ周囲の筋肉のバランスが崩れている状態で骨盤ベルトを巻くとズレたまま固まってしまうこともあるので、骨盤のゆがみをしっかりと調整することをおすすめします。

当院が産前産後のママに選ばれている理由はこちらをご覧ください。