本文へスキップ

福岡市 博多駅前 整体院|お尻の痛み、殿部痛の根本治療で評判のWHO国際基準のカイロプラクティック治療院です。

予約TEL.092-409-5655

[受付時間] 9:00~14:00 / 15:00~20:00
[定休日] 火曜・祝日

〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-4-6博多グローリービル3F

福岡市博多駅前の整体院 TOPカイロプラクティックの適応症 > 殿部痛・お尻の痛み

殿部痛・お尻の痛み

お尻にある筋肉の緊張が坐骨神経痛の原因にもなります!

殿部痛・お尻の痛みの特徴

・骨盤の周囲に痛みが出る
・足の付け根、太ももの裏側、お尻に痛みを感じる
・立ったり、座ったり、階段の上り下りで痛い
・寝返りや寝た状態から体を起こす時に痛みが出る
・片足重心で立ったり、物を持ち上げたりする際に痛みが出る
・痛いほうを上にして横になっていると痛みが軽減することがある

お尻の痛みの原因

お尻に痛みを出す原因としては、大きく分けて二つの原因があります。
一つ目は筋肉の問題、二つ目は関節の問題です。
殿部・臀部痛 博多 福岡
-お尻の痛みの原因になる筋肉の問題-
 お尻には、大殿筋、中殿筋、小殿筋、梨状筋など大小様々な筋肉があり、主に股関節の動きをコントロールしています。
 また、骨盤や股関節の動きが悪くなることで筋肉の緊張が異常に強くなり、痛みを出すことがあります。
 さらに、梨状筋の下には坐骨神経が通過していますので、坐骨神経痛を引き起こすこともあります。
 これを梨状筋症候群と言います。

-お尻の痛みの原因となる関節の問題-
 お尻には、仙腸関節腰仙関節があり、この関節がロックしたり、炎症を起こしたりすると痛みが出てきます。
 痛み方の特徴としては、歩行やあぐらなど、関節に負担をかけると痛みが増すことです。
 この関節の問題で起きるお尻の痛みはカイロプラクティック治療が最適です。

-ブルームカイロプラクティックでは-
 まず、解剖学や生体力学に基づいた検査により、痛みの原因を特定し、なぜその部分に痛みが出たのかを徹底的に分析します。
 多くの場合、日常生活の負担が骨盤周囲にたまり関節のズレ筋肉の疲労を起こしているので、施術としては、骨盤矯正股関節の調整筋肉の緩和操作を行います。
 そして、痛みを解消したうえで、再発防止の為にストレッチや運動指導を行い、負担のかかりにくいカラダ作りをしていきます。

妊娠中・産後の臀部痛・お尻の痛みについてはこちらをご覧ください。

お尻の痛みの症例

42歳 男性 デスクワーク

-問診-
右殿部の痛みを訴え来院。
この痛みは3年ほど前からで、長時間座っていると重い痛みが出てくる。
ひどいときは太ももあたりまで痛みが広がることがある。
よく右足を上にして足を組んでいる
整骨院や整体に行ったが全く改善しない。

-検査-
・中殿筋(お尻の筋肉)の緊張が強く、押すと強い痛みが広がる
・中殿筋のストレッチをすると強い張りを感じる
・骨盤にゆがみが生じている

-原因-
今回の痛みの原因は、中殿筋のトリガーポイントでした。
中殿筋が緊張しトリガーポイントを作り、痛みを広げていました。
デスクワークや足を組む動作から骨盤のゆがみが生じ、ゆがみのせいで中殿筋の緊張が強くなった結果、トリガーポイントができて、痛みが出ていたと考えられます。
このような場合、筋肉のコリをほぐすだけでも症状がなくなることがありますが、多くの場合、骨盤のズレが根本的な原因ですので、骨盤矯正を行わないと症状を繰り返すことが多いです。

-経過-
施術としては、背骨と骨盤の矯正中殿筋への緩和操作を行いました。
その結果、筋肉からの痛みはなくなりました。
そして、姿勢に関してもアドバイスを行い、ストレッチも行って頂いたところ、再発もなく、お尻の痛みは完全になくなりました。
今回のように筋肉のコリが原因で起こるお尻の痛みは、足を組んで座る等の不良姿勢が関わっていることが少なくありません。

-コメント-
 中殿筋は骨盤を安定させるために適度な緊張状態が必要な筋肉ですが、異常に緊張すると痛みを出す筋肉でもあります。
 今回の症例のように、骨盤を調整することで筋肉のバランスが正常になり、痛みがなくなる方は非常に多いです。
 お尻の痛みやコリでお悩みの方は、国際基準のカイロプラクティック治療院である当院にお任せ下さい。


当院で治療を受ける7つのメリットはこちらをご覧ください。