本文へスキップ

福岡市 博多駅前 整体院|雨の日の頭痛の改善ならブルームカイロプラクティックにお任せ下さい。

予約TEL.092-409-5655

[受付時間] 9:00~14:00 / 15:00~20:00
[定休日] 火曜・祝日

〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-4-6博多グローリービル3F

トップページカイロプラクティックの適応症頭痛インフォメーション > 雨の日に頭痛になるのはどうして?

雨の日に頭痛になるのはどうして?

天気の悪化で痛みが出るのを「天気痛」と言います。

雨 頭痛 片頭痛持ちの方が「なんだか頭が痛くなってきたから雨が降る」とか「雨の日に痛みが出る」と言っているのを聞いた事はありませんか?「古傷が痛むと雨」ということわざもあります。
 これはどういったメカニズムで起こるのでしょうか。

 雨の日や季節の変わり目には、気圧と湿度の関係で体調を崩しがち…。天候の変化によりひどくなる痛みは「天気痛」と言う学術用語もあり、研究が進められている分野です。
 また、天候や気温や気圧・湿度などの気象条件の変化が、痛みに限らず症状の変化の引き金になる疾患を「気象病」といいます。

気圧が低下すると痛みの原因「ヒスタミン」が増える
 気圧が下がると副交感神経が優勢になりリラックス状態になります。天気が悪いとやる気が起きずボーっとしてしまうのはこの作用が関係しています。また、副交感神経優位になると筋肉が緩み、関節の圧力が下がります。本来は痛みが少なくなるはずですが、なぜ気圧が低下し天気が悪くなると痛みが出てくるのでしょうか?
 最近、気圧が低下すると、ヒスタミンという物質が増えることがわかりました。ヒスタミンは、外部からの刺激に反応して増え、交感神経を刺激しアレルギー反応や関節の炎症を起こします。他に血管を拡張させる作用や血管から水分などが周囲の組織にしみ出させる作用により、血圧を急低下させたりします。トレーニング中や筋肉痛で筋肉がパンパンに張り、痛くなるのもこのヒスタミンの作用です。

気圧の低下で自律神経がパニックを起こす
 気圧の低下で基本的に副交感神経が優勢になり気だるくなっているところに、ヒスタミンの作用で交感神経への逆の指令も来るため、自律神経のバランスが取れない状態となる上に、ヒスタミンと交感神経のダブルの作用で血行が悪くなり、痛みに対処できなくなります。 このようにして天気痛は現れるのです。

どうして頭痛になるの?
 気圧の変動によって感じる頭痛は「低気圧頭痛」と呼ばれる現象で、その名の通り気圧が低くなってくると起こる頭痛だと言われています。酸素が薄くなったり、頭蓋骨内の、脳・血管・末梢神経が圧迫されることによって頭痛が生じると考えられています。
 この低気圧頭痛になりやすい人は、普段から偏頭痛や緊張型頭痛に悩まされている事が多く、特に頭痛に限らず気候によって体調が崩れやすい女性に多いです。

交通事故(ムチ打ち)をきっかけに雨の日の頭痛を感じるようになった
 そもそもケガをして傷をつくると、一見治っているようでも、筋肉組織などは完璧には戻っていないことがあります。そのような場所は、血液の流れが悪かったり、伸縮がうまくできないなどで痛みが発生しやすい状態にあり、それを「古傷」と呼びます。
 また、古傷周辺の痛みを感じる神経には、神経に交感神経の興奮を受け取る受容体ができることもわかっており、以前にケガをした個所は、神経レベルで痛みを感じやすくなっているのです。そんなデリケートになっている場所で、気圧の低下によってヒスタミンが出て血管の拡張が起きると、外にいこうとする圧が増えて、頭痛が出るのです。

カイロプラクティックを受けるとどうして改善するの?
 ヒスタミンを筋肉から押し出すために、血行をよくする事が大切です。カイロプラクティックは、背骨や骨盤、頭蓋骨を矯正することで、自律神経を整え、血流を改善します。ですので、気圧の変動や温度の変化に対応できるカラダ作りをすることができます。
 また、血行をよくするには自転車やウォーキングなどの全身をほどよく使い、血液循環を促す有酸素運動もお勧めです。頭痛のない天気の良い日には外に出て運動をしましょう。
 その他、自律神経のバランスをとるために睡眠を十分に取り、ストレスや疲れを溜めないことも重要ですので、カイロプラクティックを受けて質の良い睡眠を取ることも大切になってきます。


雨の日に頭痛を感じる方や偏頭痛持ちの方のために頭痛改善プランも提供しております。
ぜひこの機会に頭痛のない快適な生活を手に入れましょう。