本文へスキップ

福岡市 博多駅前 整体院|便秘・下痢の改善に効果的なWHO国際基準のカイロプラクティック治療院です。

予約TEL.092-409-5655

[受付時間] 9:00~14:00 / 15:00~20:00
[定休日] 火曜・祝日

〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-4-6博多グローリービル3F

福岡市博多駅前の整体院 TOPカイロプラクティックの適応症 > 胃腸の働きとカイロプラクティック

便秘や下痢などの胃腸の問題とカイロプラクティック

カイロプラクティックは神経を介して内臓の調子を整えます!

胃腸とカイロプラクティックの関係について

-胃腸の役割-
 胃腸は、食物が食べることで活動を開始します。特に胃は、空腹時にはほとんど活動していません。胃の役割は「消化」と思われがちですが、1番の役割は食物を一時的に溜めておく事です。2番目の役割が、溜めておいた食物を少しずつ、腸に送り出す事です。この当たり前の流れには、胃腸を動かす自律神経系のバランスが大きく関わっています。
胃 腸 便秘 下痢 改善 博多 福岡
-胃腸が調子を崩すと起こる問題-
 胃腸の働きが悪くなると、腹痛便通異常が発生し、下痢や便秘などの腸の不調も起きやすくなります。そして、このような症状が長く続くと、過敏性腸症候群という病気と診断されることもあります。この病気には日常生活でのストレスが大きく関わっていると言われています。
 また、胃腸の調子が崩れると、栄養素を十分に消化・吸収することが出来なくなります。いくら健康的な食事をしても、サプリメントを摂っても、体の中に取り込まれなくては本末転倒です。

-カイロプラクティックの効果-
 自律神経は背骨から出ていますので、背骨を調整することで自律神経に刺激が伝わり、自律神経のバランスが整い、胃腸の働きが正常化します。胃腸の働きを高まると消化・吸収が促進され、栄養素の吸収効率が高まります。
 また、カイロプラクティックを受けることで、痛みや疲労感が取れてリラックスできるようになり、痛みなどによるストレスから解消されて、ストレスによる胃腸への負担が軽減します。

-生活の中で気を付けること-
・不規則な時間に食事をとることは胃に負担がかかるので、規則正しい時間に食事しましょう。
・消化の悪い脂っこいものばかりとりすぎないように注意し、腹八分目を心がけましょう。
・胃酸を過剰に分泌し、胃の粘膜を痛める強いアルコールやタバコはなるべく控えましょう。

上記のことに気を付けるだけでも、胃腸にかかる負担は大きく改善します。
正しい生活習慣を身に付け、胃腸に優しい生活を送りましょう。

日本人は胃腸が弱い人が多く、胃腸の痛みや不快感で悩んでいる方がたくさんいます。
なんだか最近胃腸の調子がすぐれないけど、病院に行っても特に異常がない。
そんなときは早めにカイロプラクティックを受けて、胃腸の調子を整えましょう。

背骨と内蔵の関係

 カイロプラクティックの初期の文献には、脊髄の神経分節の範囲で臓器は支配されているので、脊椎のズレを治すことにより、内臓疾患の治療が可能(内臓脊髄反射)であるとする説があります。
 これはメリックシステムと呼ばれており、1909年にB. J.パーマーおよびジェームズC.ウィシャートによって開発されたものです。
 もちろん、必ずしも背骨に異常があると内臓の疾患があるという説明ではありませんが、内臓や筋肉などの身体の器官は、背骨の中心を通る脊髄神経と関わっていますので、背骨を整えることは内臓にも良い影響を与えると考えられています。

自律神経

内臓の病気とカイロプラクティックの研究紹介

 Lewit と Rychlikovaは、「消化性潰瘍の患者には、根骨に特徴的パターンが存在する」と述べ、Bannerは、十二指腸潰瘍患者30例全てで背骨の中央部にズレが認められたと述べています。また後にKamieth は潰瘍患者100例中90例に胸椎6〜9番の椎間孔間隙の異常を示すX線所見があったと述べ、Nicholasも同様に胸椎のサブラクセーションが顕著であったと報告しています。

 Strong は大腸炎に腰椎・骨盤の矯正は、最も重要な領域だろうと述べ、Englishは、彼の臨床経験に基づいて、消化器と関与している脊椎領域として、胃は胸椎5〜9番、小腸はとくに胸椎8〜9番、結腸は胸椎10〜12番であると報告しています。

 過敏性大腸炎に関しても Masterton が非常に優れた論文を報告しています。その中には具体的に「胸椎4〜8番の背骨のズレは静脈性うっ血とガスの原因となり、胸椎6〜8番の病変は内臓の分泌異常、腸の弛緩、下痢を引き起こし、胸椎10〜12番の病変は腸の弛緩、ガス、蠕動運動の低下、および便秘を発生させる可能性がある」と述べられています。

 肝臓および胆のうの障害もカイロプラクティック治療との関連について報告されています。交感神経が高い状態だと、胆のうは弛緩し、消化に大事な胆汁の排泄を減少させると言われており、背骨のズレによる交感神経緊張症は胆汁は排泄を減らし、その結果、うっ血、過敏症、炎症、胆石が生じると言われます。先のStrong も「胸椎6番〜腰椎1番の領域の筋骨格系障害は、胆嚢および胆嚢管の循環不全や虚血を悪化させると考えられる」と述べています。

 カイロプラクティックが内臓の病気を治せるわけではありませんが、消化器官の障害におけるカイロプラクティックの役割は大きく、基礎および臨床系の科学文献によって証明されていますので、自律神経を介して良い影響は与えられると言えるでしょう。
 今回ここに述べたのは消化器系に関わる報告のごく一部であり、心血管系や呼吸系に関する報告も様々されています。


当院で治療を受ける7つのメリットはこちらをご覧ください。