本文へスキップ

福岡市 博多駅前 整体院|ぎっくり腰の根本治療で評判のWHO国際基準のカイロプラクティック治療院です。

予約TEL.092-409-5655

[受付時間] 9:00~14:00 / 15:00~20:00
[定休日] 火曜・祝日

〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-4-6博多グローリービル3F

福岡市博多駅前の整体院 TOPカイロプラクティックの適応症 > ぎっくり腰・急性腰痛

ぎっくり腰・急性腰痛

アメリカ政府がギックリ腰にはカイロ治療が良いと認めています!

博多 腰痛腰痛 福岡ギックリ腰 福岡博多 ギックリ腰

ぎっくり腰はどうしてなるの??

-ぎっくり腰の本当の原因-
 ぎっくり腰とは、腰痛の中でも急性に起こるもので、専門的には「急性腰痛」と呼ばれています。
 ぎっくり腰は、重いものを持ち上げようとしたとき体を不意にひねったときなど偶然的に起こったように思われがちですが、ほとんどは普段の悪い姿勢睡眠不足精神的ストレスなどの日常生活での負担が積もりに積もって起きています。
腰痛 ぎっくり腰 福岡 博多
-ぎっくり腰の痛みの元-
 ぎっくり腰の痛みを出しているのは、腰のケガである場合がほとんどです。
 腰部の筋肉、靭帯、関節、椎間板のどこかに傷(損傷)ができることで、炎症が起きて痛みを感じます。
 痛めたときの負担が大きく、損傷がひどい程、痛みが強く、長引きくことが多いです。
 ぎっくり腰が起こると、炎症と痛みで筋肉が必要以上に緊張して、痛みが増強します。
 また、腰のズレがあると損傷部位への負担が増え、痛みが強くなるだけでなく損傷部位の治癒を遅らせます。

-ぎっくり腰の症状-
・動作の瞬間に腰に激痛が走り、動くことが困難になってしまう。
・最初は違和感程度で、さほど気にならなかったのに、時間の経過と共に悪化していく。
・上半身を起こすことができない。
・おじぎをすることも、体を反らすこともできない。
・痛みの為、歩行が困難になる。
・くしゃみ、咳で痛みが強まる。
・寝返りが痛くて、寝る姿勢を変えることが困難。
・起き上がった状態よりも、横になっているほうが楽である。

-ぎっくり腰になるきっかけ-
●中腰で重たいものを持った時
●後ろを振り向こうと体を捻った時
●くしゃみをした瞬間
●かかんで作業をしていたとき
●椅子の背もたれの後ろに落としたものやバッグを取ろうとしたとき
●長時間座っていた後に立ち上がったとき
●高いところにあるものを取ろうとしたとき

-ぎっくり腰になった時の過ごし方-
 ぎっくり腰になってしまったら、二日間くらいは無理をせず、安静にして過ごしてください。
 寝る姿勢は、横向きで膝の間に枕をはさんだり、仰向けで膝を立てたり、といった楽な体勢が良いです。
 そして一日に数回、十分間アイスパックなどで冷やしましょう。
 どうしても動かなくてはならない場合は、腰痛ベルトやさらしを巻いて、腰部を安定させると、楽になる場合があります。
 また、傷めて二日間くらいは、傷めた部位を温めない方が無難です。温めることで、炎症反応が強くなり、痛みが増す可能性があるからです。

-ブルームカイロプラクティックでは-
 当院では、ぎっくり腰の改善はもちろん、『ぎっくり腰が再発しないカラダ作り』をサポートしています。
 そのためにまず、ぎっくり腰になった時の状況などの問診や姿勢の検査、関節、筋肉、神経の状態を評価し、ぎっくり腰の痛みの部位原因を突きとめます。
 そして、痛みのある部分に負担をかけている関連部位をみつけて施術を行うことも非常に重要で、そこに対して施術を行うことで、痛めている部位への負担を軽くし、治癒を促進します。
 その他、ぎっくり腰の状態によっては骨盤ベルトを無料で差し上げています。
 ぎっくり腰は一回の施術で良くなるケースもありますが、筋肉などにキズがある場合は、数回の施術が必要になります。
 何も治療を受けずに放置しておくと再発する可能性が高くなりますので、早期の治療をお勧めします。

ぎっくり腰の症例

30歳 女性 主婦(産後10か月)

-問診-
今朝からのぎっくり腰を訴え、ご主人と一緒に来院。
一週間ほど前に福岡に引っ越ししてきたばかりなので、ここ数日は荷物の整理をしており、腰に疲れを感じていた。
昨日の夜、10キロくらいある重い荷物を持った際に、腰にピキっと痛みが走ったが、少し休んだら痛みは治まったので、お風呂にゆっくり入り、就寝した。
そして今朝、子供を抱きかかえた瞬間に腰に強い痛みが出て動けなくなった。
今はなんとか歩けるが、背筋を伸ばそうとすると痛みが出る。
ぎっくり腰になったのは初めてで、産後の骨盤矯正などのケアは受けていない。

-検査-
・痛みのせいで腰が曲がっている
・腰の筋肉に強い緊張がある
・横になる瞬間に強い痛みが出る

-原因-
今回のぎっくり腰は、腰と股関節を繋ぐ「腸腰筋(ちょうようきん)」という筋肉がつった状態でした。
この筋肉を痛めると腰を伸ばす動きでかなりの痛みを感じます。
また、腰椎・骨盤にズレがみられたので、普段の筋肉疲労も溜まっていたと考えられます。
痛みの度合いから見て炎症反応が起きていると考えられ、痛めた日にゆっくりお風呂に入ったことで炎症反応が強くなった可能性があります。

-経過-
 強い炎症反応が見られ、体を横向きにするのも困難だったので、座った状態で股関節と腰の関節と筋肉に施術を行いました。
 その結果、痛みは4割ほど改善し、真っすぐ立てるようになり、一人で歩けるようになりました。
 二回目(翌日)昨日よりだいぶよいが寝返りを打つと痛みが出る。子供の抱っこができないので困っているとのこと。二回目の来院の際には横になれるほど改善していたので、通常通り施術を行い、ズキッとする強い痛みは出なくなりました。
 三回目(3日後)痛みは8割ほど改善。三回目の時には、一人で来院されるほど改善しており、その日の施術で痛みはほとんどなくなり、メンテナンスケアに移行しました。

-コメント-
 今回は、痛みが強く日常生活に大きく影響が出ていたので、短期間で施術をさせて頂きました。
 産後の骨盤のケアをしていなかったとのことだったので、もともと腰周りが不安定だったことも原因のひとつだと思われます。
 現在は4週間に一度の頻度で、育児や家事の疲れを取りに来院されています。
 ぎっくり腰は一度やるとクセになりやすいので、しっかりとした施術を受け、「腰痛にならないカラダ作り」をしましょう。


当院で治療を受ける7つのメリットはこちらをご覧ください。