本文へスキップ

福岡市 博多駅前 整体院|肩こり 腰痛 頭痛 顎関節症 マタニティ整体 産後の骨盤矯正で評判の治療院です。

予約TEL.092-409-5655

[受付時間] 9:00~14:00 / 15:00~20:00
[定休日] 火曜・祝日

〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-4-6博多グローリービル3F

福岡市博多駅前の整体院 TOPメインメニューカイロプラクティックの適応症 > 慢性腰痛

慢性腰痛・腰の痛み

腰痛が当たり前だと
思っていませんか!?

腰痛について

 一生のうちで腰痛にかかる確率は60〜80%とも言われており、症状別統計(厚生労働省国民生活調査)では、腰痛を訴える割合は男性で1位、女性では2位で、肩こりや関節痛と並んで多くの人が悩んでいる症状です。
 海外では研究も盛んで、アメリカ政府発行の「腰痛ガイドライン」では、腰痛に対するカイロプラクティック治療が非常に有効だということが示されています。
 腰痛の多くは、背骨・骨盤の歪みや、筋肉の硬さと柔軟性の低下などが関係しています。
 また、ぎっくり腰をきっかけに慢性腰痛に移行してしまうケースもよくあります。

ぎっくり腰についてはこちらをご覧ください。

-慢性腰痛の症状・原因-
 慢性的に腰が痛い、腰が張る、腰に重さを感じるなどの症状が多いです。
 数ヶ月間、断続的に腰痛を感じる場合や足のしびれ感やだるさを伴うこともあります。

@不良姿勢による腰痛
 現代人の多くは、デスクワークで座っていることが長時間に渡るという方が多いです。腰が落ちたような座り方、足を組んだ座り方、椅子の高さが合っていないために座り方が崩れていることは頻繁に見かけます。
 この状態で長時間いると、腰の筋肉が血行不良を起こして硬くなり、腰椎の歪み・骨盤の歪みを起こしてしまいます。

A運動不足による腰痛
 運動不足による足の筋肉の硬さ、腹筋の弱さが腰痛につながります。足の筋肉の硬さでよく見られるのは、太もも裏(ハムストリング)が硬くなり、前屈が硬くなっていることで起こる腰痛です。腹筋の弱さは、腰が反り返る形になるため、腰に大きな負担がかかります。
 これらにより骨盤や腰椎などに歪みを起こしてしまい痛みを起こしていることが多く見られます。

B骨盤・腰椎・股関節の歪みや可動性に問題があることでの腰痛
 骨盤や腰椎、股関節などに歪みが起こったり、関節の可動性がおかしくなったことで起こる腰痛です。
 怪我などの直接的な原因がある場合もありますが、多くは直接的な原因はなく、身体を支えている腰周りの関節の動きが悪くなっていたり、筋肉や靭帯が緊張し、体重のバランスが崩れることで、筋肉のアンバランスが生じて腰に痛みを引き起こしています。
 カイロプラクティックでは、このバランスを整えることで腰痛を根本から改善していきます。

C腰椎椎間板ヘルニア(椎間板障害)による腰痛
 腰椎と腰椎の間にありクッションの役割をしている椎間板が、腰の神経に刺激を与えて、動くときに非常に強くまたは鋭い痛みが走ります。
 症状が軽い場合には、強い痛みではなく痺れやツッパリ感を感じることもあり、咳やくしゃみ、トイレでの力む時にも痛みが出ることが特徴です。

D腰椎ねんざによる腰痛
 いわゆる「ぎっくり腰」のひとつです。急に重いものを持ち上げたり、身体を強く捻ったりとした時に、腰椎や骨盤をつなぐ関節に付く靭帯が伸びて炎症を起こしてしまったり、腰回りの筋肉が非常に強く緊張してしまうことで動けなくなるほどの強い痛みが出てきます。
 時として、急な動きだけではなく、日頃の疲労が溜まったことで特にこれといったきっかけもなく発症することもあります。

E脊椎分離症による腰痛
 激しい運動で腰椎の一部(椎間関節)が折れてしまい、その部分が離れると、腰が重く感じたり腰痛がでることがあります。しかし、必ず痛みを生じるというわけではなく、痛みがない場合もあり、放置されることも少なくありません。
 脊椎分離症は中〜高校生などの若者でスポーツをやっている人に多くみられ、脊椎分離が起こると分離すべり症に移行したり、椎間板ヘルニアを併発することもあるので注意は必要が必要です。

F腰椎すべり症による腰痛
 脊柱を横から見たときにきれいに並んでいるはずの背骨が1個だけ逸脱して前方にすべってしまう状態で、場合によっては脊柱管を狭窄することで足にしびれが出てきます。

G変形性腰椎症(退行性変性)による腰痛
 年を重ねるごとに腰椎が自然と変形してしまい、関節面が滑らかではなくなったり、骨棘(骨にできるトゲ)ができる事によって周りの組織に刺激を与え、痛みを出します。

H脊柱管狭窄症による腰痛
 脊柱管という脊髄が背骨の中心を通る管が、変形などで狭くなり、脊髄が圧迫されることで腰痛および両下肢にしびれや痛みを感じるようになります。
 長時間の連続歩行が困難になり、ベンチなどでしばらく休息をとったり、身体を前に曲げること痺れが引き、また歩くことが可能になる、というサイクルを繰り返します。

I内臓の病気による腰痛
 肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、卵巣、子宮、前立腺、小腸、大腸の病気などでも腰痛として感じることがあるので注意が必要です。
 病気が原因の場合、腰痛と一緒に内臓特有の症状が併発します。
 ブルームカイロプラクティックでは、医学的知識に基づいた問診と検査により、施術によって改善する状態なのかどうか判断し、適応ではない場合は適切な医療機関を勧めていますので、安心してください。
場合によっては、医療機関の治療と同時進行で施術を行うこともあります。

-ブルームカイロプラクティックでの腰痛の施術-
 腰痛の改善には、カイロプラクティックが最適です。
 腰のコリが症状を起こしているとしても、さらに原因を追及すると骨盤や腰椎の問題を抱えていることが多く見られます。
 そのような場合、マッサージしてもなかなか筋肉はほぐれないため、カイロプラクティックで骨盤や腰椎を調整したほうが早い改善が見られます。

-腰痛の施術回数-
 多くの場合、3〜5回の施術で症状が改善しますので、その後はメンテナンスとして月に1・2回、全身のバランスを整え再発防止をすることをお勧めしています。
 そうすることで、疲れがたまりにくくなり、より快適に生活を送れるようになるからです。
 当院では患者さま一人ひとりに合わせた施術プランを提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

慢性腰痛の症例

46歳 男性 大工

-問診-
慢性的な腰痛を訴え来院。
20代前半から大工仕事をしており、疲れがたまると腰痛が出てくる。
はじめて腰痛を感じたのは高校生の時にギックリ腰をした時で、その時は2・3日寝ていれば改善した。
この腰痛に関して、接骨院やマッサージなど色々行ってみたが、変化はなかった。
整形外科でレントゲンを撮影し、ヘルニアになりかけていると言われたことがある。
足のしびれは感じたことがない。

-検査-
・腰の筋肉の緊張が強い
・腰を後ろに反らす動作をすると、腰の下部が痛む
・前屈すると、かなり硬い(手が地面につかない)
・全体的に腰のカーブが少なくなっている

-原因-
今回の腰痛は、腰の関節の動きが悪いことで筋肉疲労が取れにくくなっていることが原因でした。
関節の動きが悪くなると、筋肉が硬くなり、血液の流れが悪くなるので疲労が溜まる一方です。
特にこの患者様は大工さんという仕事柄、かなりの疲労が溜まっていました。
また、腰のカーブがなくなっていたので、下部腰椎に負担がかかりやすい状態でした。
腰痛はマッサージなどでも改善することはあるのですが、症状を繰り返している場合は、骨盤や背骨を整え、根本的に改善したほうが良いです。

-経過-
 施術としては、腰周りの筋肉の緊張を緩和骨盤や背骨の矯正足のストレッチを行い、身体のバランスを整えていきました。
 また、腰のカーブがなくなっていたので、腰のカーブを付けるエクササイズを家でやってもらうようアドバイスしました。
 そして、週三回のペースで計3回きていただいた結果、痛みは全く出なくなりました。
 大工という仕事柄、腰への負担が多いので疲労は多少たまるものの、以前のように痛みに変わることはなくなったとのことでした。
 疲労に関しても、以前に比べたら体が軽くなり、疲れにくくなったとのことでした。
 今現在は、疲れを取り、体の状態を整えるために、月に一回ほどペースで来院されています。

-コメント-
 ブルームカイロプラクティックでは、体全体のバランスを整えることで腰痛を根本から改善し、「腰痛にならないカラダ作り」を目指しています。
 また、より腰痛を早期回復させるために、その人に合ったストレッチエクササイズ生活環境の改善案などを提案させていただきます。
 慢性腰痛は、日常生活の負担が大きく関わりますので、施術だけでなく、患者さん自身でのセルフケアも大切になってきます。
 長年の腰痛でもカイロプラクティックであれば改善を期待できます。
 WHO基準の正統なカイロプラクティックを受けて、腰痛のない生活を手に入れましょう!


当院で治療を受ける7つのメリットはこちらをご覧ください。

福岡市博多駅前の整体院
ブルームカイロプラクティック

〒812-0013
福岡市博多区博多駅東2-4-6
博多グローリービル3F
TEL.092-409-5655

[営業時間] 9:00〜14:00 / 15:00〜20:00
[定休日] 火曜・祝日

当院へのアクセスマップ

博多駅筑紫口からの道順