本文へスキップ

福岡市 博多駅前 マタニティ整体|妊娠中・産後の坐骨神経痛・足のしびれを改善して快適な生活を送りましょう。

予約TEL.092-409-5655

[受付時間] 9:00~14:00 / 15:00~20:00
[定休日] 火曜・祝日

〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-4-6博多グローリービル3F

トップページ産前産後TOP > 妊娠中・産後の坐骨神経痛・足のしびれでお困りの方へ

産前産後 福岡市 博多 マタニティ整体マタニティ 福岡市 博多 マタニティ整体妊娠中の関節痛 福岡市 博多 マタニティ整体安産 福岡市 博多 マタニティ整体
産後のカイロケア 福岡市 博多 マタニティ整体産後の症状 福岡市 博多 マタニティ整体産後の骨盤矯正 福岡市 博多 マタニティ整体産後ケアの大切さ 福岡市 博多 マタニティ整体
口コミ 福岡市 博多 マタニティ整体選ばれている理由 福岡市 博多 マタニティ整体福岡市 博多 産前産後の治療院の選び方子供連れ 福岡市 博多 マタニティ整体

妊娠中・産後の坐骨神経痛・足のしびれでお困りの方へ

病院で「坐骨神経痛」と診断されていても諦めないでください!

妊娠中・産後の坐骨神経痛・足のしびれの特徴

坐骨神経は腰椎の下部から出て、お尻を通り、足に向かう神経で、足の痛覚や皮膚感覚、筋肉の運動などを支配しています。坐骨神経痛とは、椎間板ヘルニアやお尻の筋肉の緊張などによって坐骨神経が圧迫されることによって、足にしびれ痛みが出ている状態です。

坐骨神経痛 妊娠 妊婦神経が圧迫される部位圧迫されている度合いによって、
しびれ・痛みの特徴が異なりますが、以下のような訴えが多いです。

・お尻から足に向かってしびれ・痛みが出る
・腰痛、臀部痛、股関節痛なども併発する
・電流が流れるようなしびれ・痛み
・ピリピリしたしびれ・痛み
・重だるいようなしびれ・痛み
・じわじわとしたしびれ・痛み

妊娠中・産後に起きやすい坐骨神経痛・足のしびれの原因

産前産後は、様々な原因で足のしびれ・痛みが出る可能性があります。

神経の圧迫によるもの
 坐骨神経が腰から足にいたる経路のどこかで圧迫された結果、しびれが起こります。症状は電気が走るようなビリビリしたしびれが特徴で、症状が出る場所は神経が圧迫される場所によって変わります。障害部位を特定し、適切なカイロプラクティック治療を行なうことで改善します。

関節のズレによるもの
 腰部(椎間関節)や骨盤の関節(仙腸関節)のズレが足の痛みやしびれを引き起こす場合があり、カイロプラクティックを受け、関節のズレを調整することで早期に改善します。

筋肉のコリによるもの
 筋肉のコリが原因で、足に痛みやしびれが出ることがあり、特にお尻回りのコリが足にしびれを起こしやすいとされています。カイロプラクティック治療によって、コリを起こした筋肉への負荷を取り除くことで改善します。

血流障害によるもの
 大きくなったお腹が血管を圧迫して足がしびれることがあります。正座をした後のようなしびれが特徴で、むくみや冷えが同時に起こることが多いです。座る姿勢・寝る姿勢が悪い場合もありますが、股関節の筋肉の問題で起こる場合もあります。放っておくと静脈瘤の原因になったり、こむら返りを繰り返してしまうこともあるので、早期の改善が大切です。

産前産後に坐骨神経痛を引き起こす梨状筋症候群とは

福岡市 博多 整体 整体院 坐骨神経痛 梨状筋 妊娠中・産後の坐骨神経痛の原因で、最も多いのが梨状筋症候群です。これは、梨状筋(りじょうきん)と言うお尻の筋肉が緊張し、梨状筋の下にある坐骨神経が圧迫されたためにしびれが出るものです。また、梨状筋にコリができて足に痛みやしびれが出ることもあります。
 上記のように、梨状筋の問題によって起こる足の痛み・しびれを梨状筋症候群と言います。
 産婦人科や整形外科で「椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛だろう」と診断されても、この梨状筋症候群である場合がとても多いので、足にしびれ・痛みが出て困っている方は是非一度ご相談ください。

ブルームカイロプラクティックでは

 坐骨神経痛は、原因によって施術方法や回復に必要な期間(治療回数)が全く異なるので、何が原因でしびれ・痛みが出ているかを特定することが重要です。
 ブルームカイロプラクティックでは、医学的な根拠に基づいた問診と検査を行ない、坐骨神経がどこで圧迫しているのかを特定し、その原因を施術することで、圧迫している部分への負担を取り除いていきます。
 病院で妊娠中・産後だから仕方ないと言われた方のご希望にお答えできるのがWHO基準のカイロプラクティックです。妊娠中の坐骨神経痛でも、しっかりと痛みの原因を見極め適切な処置をすることで改善する場合がほとんどです。お困りの方は是非一度ご相談ください。

妊娠中の坐骨神経痛(梨状筋症候群)の改善例

妊娠6ヶ月 職業:主婦

問診
1ヶ月前から右のお尻に張ったような違和感があったが、徐々に痛みに変わり、3日前に長時間運転してから右お尻〜太もも裏のしびれが出るようになった。
それ以降、短時間の車の運転でもしびれが出るようになり、家でもソファに長時間座っているとしびれを感じるようになった。お風呂で温めると少し楽な気がする。
昨晩は横になっていても右お尻に痛みが出て、痛みとしびれのせいで眠れなかったので来院した。

検査
座っている状態で右足にしびれが出ている
腰が反り腰になっている
梨状筋の緊張が増しており、押すと痛みが出る
右梨状筋を伸長させると右殿部と太もも裏にしびれが誘発
骨盤ベルトをすると少し痛みが和らぐ

原因
妊娠すると徐々に骨盤が緩み、骨盤周囲の筋肉に負担がかかります。今回の痛みは、右の殿部の梨状筋という筋肉が過度に緊張し坐骨神経を圧迫したために出ていました。骨盤を固定するとお尻の痛みが和らぐのは、梨状筋への負荷が減るためです。
梨状筋は骨盤を安定させたり、歩く時に使う筋肉なのですが、梨状筋の下を坐骨神経が通るため、この筋肉の緊張によって神経を圧迫し、坐骨神経痛が出ることがあります。このように梨状筋の過度な緊張により坐骨神経に影響をあたえる症状を梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)と言います。

施術
まず痛みの原因である右梨状筋の緊張を緩和し、骨盤周囲の筋肉をストレッチして股関節の可動域を広げました。そして、骨盤を正しい位置に調整して骨盤ベルトを使用し骨盤の関節を安定させました。その結果、座った状態で出ていたしびれがなくなり、反り腰も改善しました。その後、同様の施術を計3回行ない、痛みは完全に出なくなりました。

コメント
梨状筋症候群は、病院などでヘルニアと勘違いされることが多いのですが、しっかりと問診・検査を行なえばヘルニアが原因ではなく、梨状筋の問題であることが分かります。痛みやしびれを我慢して生活すると骨盤のゆがみを起こし、胎児の成長や出産への悪影響が出かねません。早期の施術が大切ですので、なにか足に違和感があるようなら一度ご来院ください。

産後の足のしびれの改善例

産後6ヶ月 職業:会社員(育休中)

問診
1ヶ月ほど前から左のお尻が痛くなり、ここ2週間は左足に重い痛みが広がるようになった。
この痛みは、長時間抱っこして歩いていると痛みが出てくることが多く、日を追うごとに痛みが増している。
ここ最近は、左足の痛みが気になり、夜あまり眠れないこともある。
坐骨神経痛 博多 福岡整形外科でレントゲンを撮ったところ、坐骨神経痛と診断され薬をもらったが治らない。

検査
坐骨神経を伸ばす検査で異常なし
臀部の筋肉の緊張が全体的に増している
小殿筋(しょうでんきん)を押すと左足の痛みが再現する

原因
今回の左足の痛みの原因は、小殿筋というお尻にある筋肉のコリです。筋肉には、強いコリができると違う場所まで痛みやしびれを飛ばす性質があります。症状は神経によるものとは違い、ジワジワ、ズキズキ、ズーンなど重く、にぶい感じの痛み・しびれが特徴です。トリガーポイントの出来る筋肉により関連痛の出る部位は変わってきますが、いづれにしても筋肉のコリを取るとしびれは改善します。

施術
今回の痛みの原因は筋肉のコリなので、まずは小殿筋の緊張を緩和しました。このままでは再発する可能性が高いため、骨盤のゆがみを矯正し、小殿筋に負担がかからないよう調整しました。その結果、2回目の来院時には、左足の痛みはなくなり、お尻にコリ感が残る程度まで改善していました。同様の施術を3回行ない完治しました。

コメント
筋肉のコリが痛みの原因であっても、その筋肉のコリを作り出した根本的な問題は骨盤や股関節のズレであることがほとんどです。カイロプラクティックは、症状を根本から改善していきますので、症状の再発を防ぐことができますので、他の整体院に行ってその場では楽になってもすぐに症状が戻ってしまう方は是非一度ご相談ください。

当院が産前産後のママに選ばれている理由はこちらをご覧ください。