本文へスキップ

福岡市 博多駅前 整体院 マタニティ整体 骨盤矯正|ブルームカイロでは父親の育児参加を推進しています。

予約TEL.092-409-5655

[受付時間] 9:00~14:00 / 15:00~20:00
[定休日] 火曜・祝日

〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-4-6博多グローリービル3F

福岡市博多駅前の整体院 TOP産前産後TOP > 母親脳と父親脳の違い

産前産後 福岡市 博多 マタニティ整体マタニティ 福岡市 博多 マタニティ整体妊娠中の関節痛 福岡市 博多 マタニティ整体安産 福岡市 博多 マタニティ整体
産後のカイロケア 福岡市 博多 マタニティ整体産後の症状 福岡市 博多 マタニティ整体産後の骨盤矯正 福岡市 博多 マタニティ整体産後ケアの大切さ 福岡市 博多 マタニティ整体
口コミ 福岡市 博多 マタニティ整体選ばれている理由 福岡市 博多 マタニティ整体福岡市 博多 産前産後の治療院の選び方子供連れ 福岡市 博多 マタニティ整体

母親脳と父親脳の違い

赤ちゃんの泣き声への反応に関する男女の脳の比較

フランスの研究

 1970年代末から80年代初めにかけて行われた研究結果では、女性は男性の2倍近い正確さで自分の子どもの泣き声を聞き分けるという結果が出ていましたが、その古くからの説に異を唱えるフランスの研究チームの論文が発表されました。
 実験の結果、親たちは平均して90%の成功率で自分の子どもの泣き声を聞き分けたそうです。母親は98%で、1日に4時間以上子どもと過ごす父親は90%の正確さだった一方、4時間未満の父親は75%にとどまりました。
 この実験で導き出された結論は、聞き分ける能力に性差はなく、正確さの違いは単に親が子どもと一緒に過ごしている時間の長さの差によるものだということです。
 研究チームは、1970年代末から80年代初めにかけて行われた研究では、父親が子どもと過ごしている時間の長さを考慮に入れていないため、「母性本能」仮説には欠陥があると指摘し、男女は生物学上「共同繁殖者」であり、子どもを守るための基本的な仕組みにおいて、一方の性が他方より勝っているというのは矛盾した考え方だとしています。

アメリカの研究

 アメリカの大学が行った実験では、すでに親である人、そうでない人を集め、何も考えずにいる(ボーッとしている状態)ように促し、その横で録音しておいた乳幼児の泣き声を流しました。
 その泣き声を聞かせた時の脳内の動きをモニターすると、女性の脳だけが変化をしました。
 男性の参加者の脳は、ボーッしている状態のときに働く脳のエリアがONのままでしたが、女性の脳は、泣き声に遮断される形で、その脳エリアの動きが低下していたのだそうです。
 この実験では、自分の子の泣き声を使ったわけではないにもかかわらず、女性は乳幼児の泣き声に敏感に反応せずにはいられない脳の作りになっているということが分かりました。

二つの研究から分かること

 上記のフランスとアメリカの実験は、一見矛盾しているようにも見えますが、見方を変えると、次のようにも解釈することができます。
 まず、女性の母性本能の存在に関しては、揺るぎない真実で、ある意味生まれ持った才能だと言っても過言ではありません。そして、男性の育児脳は、努力次第で切り替えが可能だと言えます。
 つまり男性は、「自分の子どもの声を聞き分けるぞ」と頑張れば、女性と同レベルの父親脳が活発になる一方で、注意を向けなければスルーすることも可能なのです。
 実際のところ、我が子がずっと泣いているのに熟睡しているパパに、「あの泣き声の中、よく寝ていられるわね」と感じたことがあるママもいるかと思います。しかし、男性からしたら「よく気付くなぁ」というのが本音で、悪気は一切ないのです。
 上記の研究から分かるように、もともとの男女の脳の作りが違うことは明らかです。これは脳の構造上、仕方がないことなので、母親脳と父親脳の違いをお互いが受け入れ、補い合うことが大切になってきます。
 ですので、「今の時代、男性が育児を手伝うのは当たり前!」という押しつけを感じるやり方ではなく、「いつもサポートしてくれると助かるわ、ありがとう」という気持ちを伝える形でパパのやる気スイッチを入れてみてはいかがでしょうか?
 パパ側は寝ていて気付かないこともあるでしょうが、「夜泣きがひどかったら起こしてね、手伝うから」という一言をママにかけてあげるだけでも、奥様の気持ちはだいぶ楽になるかと思います。
 また、お仕事の関係でどうしても育児に参加する時間が取れないこともあり、一日4時間以上もお子様と過ごすことは難しいかもしれませんが、できるかぎり夫婦で協力して充実した育児生活を送りましょう。

出典:Neuroreport 「Gender Differences in Directional Brain Responses to Infant Hunger Cries」

産前産後におけるご主人の関わりについてはこちらをご覧ください。